9割の人ができていない!?エイジングケアに必要な正しいシャンプーの方法とは?

エイジングケアを考える上でシャンプーはとても大事なものです。

 

 

エイジングケアの基本とも言えるシャンプーですが、毎日正しい方法でシャンプーできているかどうかで髪の状態も変わってきます。

 

 

例えるなら、自宅で毎日お手入れしながら、定期的にプロに見てもらう「歯のお手入れ」です。

 

 

いくら歯医者さんでキレイにしてもらっても、自宅できちんと手入れしていないと、口内環境は悪くなってしまいます。

 

 

頭皮環境に関しても全く同じ考え方で、美容院でヘッドスパなどのお手入れを定期的にしながら、自宅でも正しい方法でシャンプーする必要がります。

 

 

正しいシャンプーの手順

 

 

1、シャンプー前に軽くブラッシングする

 

これは、抜け毛やホコリなどを軽く落とし、指通りを良くする目的です。

 

 

2、シャワーで軽く流す

 

全体を流します。この時点で汚れは半分以上落ちるといわれています。

 

 

3、シャンプーを泡立てる

 

シャンプーは泡立ちが命です。

 

ポンプから一度に沢山のシャンプーを出して、そのまま頭に乗せていませんか?

 

お湯を加えながら徐々にシャンプーを足して泡立てるのがコツです。

 

 

まずはワンプッシュを頭になじませ、シャワーのお湯を少しかけます。

 

泡立ちが足りない場合は、そこからシャンプーを足してさらに泡立てていきます。

 

こうすることでキメの細かい泡が立ち、指通りもよく、キレイに洗いあげることができます。

 

 

 

4、指の腹を使ってマッサージするように洗う

 

ササっと泡だててすぐ流してしまうのはNGです。

 

力は強すぎず、頭皮を動かすようなイメージで全体を洗います。

 

 

5、シャンプーの泡を流す前に櫛を通す

 

これをする事で絡みやすい抜け毛をスムーズに取ることができます。

 

この時点で抜け毛をしっかり取り除く事で、シャンプー後に髪が絡んでしまうのを防ぐ事ができます。

 

 

 

※オイルトリートメントやヘアスプレーなどのスタイリング剤を多く使った時は、もう一度2~4を繰り返します。

スタイリング剤などの油分が多いと泡立ちにくくなりますが、2度シャンプーする事でしっかり落とす事ができます。

 

 

 

6、シャンプーを流してトリートメント

 

シャンプーが残らない様によく流してからトリートメントの工程になります。

 

毛先を中心にトリートメントをします。

 

 

髪が絡みにくい状態にする事がポイント

 

 

いかがでしたか?

 

一番のポイントとしては

 

1、シャンプー前のブラッシング

5、シャンプーの泡を流す前にクシを通す

 

この2つです。

 

 

最初から最後まで指が通りやすい状態にしておく事で、髪が絡む事が少なくなります。

 

また、シャンプー後に髪をとかす際にも絡んだ髪を力ずくでとかす必要がなくなり、髪への負担が少なくなります。

 

 

 

正しいシャンプーの手順といっても、とても簡単な事ばかりです。

 

しかし、正しくシャンプーする事で洗い上がりの手触りも変わりますので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

 

 

シャンプーの方法と同じく大切なシャンプー選びはこちらの記事をご覧ください

 

もう迷わない!『キレイな髪のために〇〇シャンプーが最適』な3つの理由

 

 

Acotについて

◆営業時間

10:00〜19:00(受付18:00まで)

◆ご予約・お問合せ

電話: 0263-88-7299
WEB予約はこちら

◆ホームページ

◆メニュー・料金
◆6つのこだわり
◆スタッフ紹介
◆ヘアスタイル
◆施術の流れ
◆お客様の声

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL