ドライヤーの時間を短縮する2ステップ

こんにちは。

最近、1歳の次男の顔が”まんじゅう”にしか見えない坂本です。

 

食べるのが好きすぎて、1歳5ヶ月にして体重が12キロになっています。

だいぶ軽快に歩くようになってきました。

 

本人の名誉の為、まんじゅう顔だけでなく普通の顔も載せておきます。

 

 

そして、3歳の長男は今朝も安定の変顔です。

 

 

 

さて、なかなか美容院に行く事ができない状況になると、髪に厚みが出て乾きにくくなってきます。

 

毎日の事なので、ドライヤーに時間がかかるとストレスになってしまいます。

 

そんな時のちょっとしたコツを3つお伝えします。

 

 

 

1)大きめのクシ(コーム)を使って髪をとかす

 

 

最も効率の悪いのは、髪が絡んだ状態でドライヤーをかけはじめる事です。

 

髪が絡んだ状態は、多くの水分を抱えている状態です。

 

髪をとかすと、床にボタボタと水分が落ちてきますが、その余分な水分をきちんと取ってから乾かすのが重要です。

 

細かいくしを使うと髪に負担がかかりますので、大きめのクシを使います。

 

私が使っているのは、このコームです。

 

 

このくらい大きなコームが理想です。

 

 

2)洗い流さないトリートメントをつけすぎない

 

 

髪が乾燥していると感じると、つい多くつけてしまいがちな洗い流さないトリートメントですが、その主成分はオイルです。

 

オイルが多いとベタつきやすくなり、いつまでも乾かない状態になってしまいます。

 

オイル成分の多くないものを使うか、あまりベタつくものはドライヤーの前に使用しない方が良いでしょう。

 

Acotで扱っているトレンツのCMCはオイルが入っていない為、べたつきにくいです。

 

 

ドライヤーの前の下準備が重要

 

 

今回の2ステップは、ドライヤーの前の下準備です。

 

面倒に感じるかもしれませんが、ドライヤーをかける前の準備をきちんとしておくと、ドライヤーの時間を短縮する事ができます。

 

次回は、ドライヤーの選び方についてお話しします。

 

早く日常が戻ると良いですね。

 

それでは。

 

◆メニュー・料金を見る

◆お客様の声を見る

 

ご予約方法についてはこちらをお読みください

初めてのご予約、お問合せ専用のLINEはこちら

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL