自宅でのスタイリングが上手くいかない理由

 

こんにちは。

 

3歳の長男に「坂本おとうさん」がフルネームだと思われている坂本です。

 

 

先日の前髪カットの動画を見て頂いたお客様からは

 

「丁寧にブロック分けしてから切るんですね。今まで適当にやってました。」

 

という感想を頂きました。

 

実際、美容師が前髪をカットする際はブロックを分けとって切ります。

 

実は、ブロック分けの作業は、ハサミで切る作業よりも重要です。

 

ブロック分けがきちんとできていれば失敗も少なくなります。

 

まだ動画を見たことのない方はこちら

自分で前髪を上手に切るコツ

 

 

自宅でのスタイリングが上手くできない原因

 

 

この他にも、自宅でスタイリングする際に上手くいかないと感じる事が、ちょっとしたコツで上手くできる様になるケースがあります。

 

例えば、ドライヤーの際に前髪が分かれてしまう現象があります。

 

これは、ドライヤーの風を前から当てるのではなく、上から当てるのがコツです。

 

美容師が乾かすときは、お客様の後ろに立って上からドライヤーを当てます。

 

しかし、自分で乾かす時は前から風を当てる事が多くなり、その結果分かれやすくなってしまいます。

 

 

もう1つの原因は、シャンプー後にタオルを巻いたまましばらく時間が経ってしまう事です。

 

その間に分かれてしまった髪は、いくらドライヤーをかけても元に戻りません。

 

美容室では、タオルを巻いたままにしておく事はありませんので、分け目もつきにくいという事になります。

 

 

このように、自宅でのお手入れの際に上手くいかないと感じるのは、ほんの些細な美容室との違いが原因である事が多いです。

 

上手くいかないと感じる事があれば、担当の美容師さんに聞いてみると良いかもしれません。

 

意外と簡単な事で解決できる事もあるはずです。

 

その際に、いつもどんな方法で行なっているかを説明すると、原因が特定しやすいです。

 

きっと、親身になってアドバイスをしてくれるはずですよ。

 

 

最後に、初めてオレンジジュースを飲んだ次男の動画です。

 

Acotについて

◆営業時間

9:00~19:00(受付18:00まで)

◆ご予約・お問合せ

電話: 0263-88-7299

初めてのご予約、お問合せ専用のLINEはこちら


(店舗からのお知らせ配信はございません)

ご予約方法についてはこちらをお読みください

◆ホームページ

◆メニュー・料金を見る
◆美髪へのこだわりを見る
◆スタッフ紹介を見る
◆ヘアスタイルを見る
◆施術の流れを見る
◆お客様の声を見る

ついついやってしまいがちな美髪の為のNGリストをチェック!

無料メルマガ”美髪通信”はこちら

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓  

http://iuq.jp/fr/0003/mmR/

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL